矯正治療の流れ

初診から治療完了・保定までの
基本的な流れをご説明します。


  • 初診相談

  • 検査

  • 治療計画

  • メンテナンスのレクチャー

  • 矯正装置の装着

  • 保定

  • 治療完了

1:初診相談

当院ではまず患者さんからのご要望、不安、気になる事などをお聞きします。
矯正治療の専門医が患者さんの様々な疑問などに的確に、丁寧にお答えします。また、当院の矯正治療の特徴や方針、矯正治療を進めるにあたってのご説明などもしっかりと行います。

2:検査

口腔内写真、顔貌写真、セファロ、パノラマX線写真など、現状の把握、治療計画に必要な患者さんのお顔、お口の精密なデータを集めます。
※当院では「患者さんにとってメリットが多い」とコンセンサスの得られた検査を実施しています。

口腔内写真/顔貌写真 笑った時の歯の見え方、歯並びの中心線がどこにあるか、口元のかたちなどを撮影します。
頭部X線規格写真
(セファロ)
矯正歯科用の特別なレントゲン。
横顔のセファロでは顎の骨の形を調べて不正咬合の原因を調べます。成長期の治療の場合は異なる時期のセファロを比較して成長の方向と量を知る事ができます。
パノラマX線写真 個々の歯の状態(虫歯、歯周病など)を詳しくチェックすることで、顎の骨の病気がわかります。
模型採取 模型を作成することでより詳しく、立体的に実際の咬み合わせを確認できます。
また治療後にどんな咬み合せになるのかわかります。

3:治療計画の説明

当院では検査データ、治療の開始時期、症状などに合わせてお一人お一人にあった詳細な治療計画を立ててご説明します。矯正治療は比較的長い期間が必要な治療ですので、患者さんが不安を感じずに治療に専念いただけるように徹底したサポートを心がけています。

治療期間、通院回数 治療完了までの治療期間と通院回数をご提示します。
治療費 最初に総額をご提示します。途中で増えることはありません。
治療方法 装置、抜歯や非抜歯についてご説明します。
ヒアリング 不安なことや疑問を事前にお聞きします。

4:メンテナンスのレクチャー

装置を付けると歯みがきが難しくなります。当院では治療中も歯とお口の健康をしっかり守れるように、矯正装置を付ける前にメンテナンス方法をしっかりレクチャーします。
当院は一般歯科、予防歯科の対応も万全ですので常に安心して矯正治療を続けていただけますのでご安心ください。

5:矯正装置の装着

矯正装置の装着後は治療計画に合わせて通院していただきます。
通院時には治療進展に合わせお一人お一人にあった調整をおこないます。
※通院回数が増えた場合でも最初に提示した費用から増えることはありません。
※正しく装置を使用していただけない場合に治療期間が延びてしまう場合があります。当院では治療方法や治療期間に変更があった場合は必ずその都度ご説明します。

6:保定

歯の移動が完了し、装置を外した後は、後戻りしないように矯正装置の装着と同じ期間リテーナーを使用していただきます。
保定中は4か月ごとの通院となります。

7:治療完了

保定期間が終わると治療完了です。治療が終わった後も歯並びだけではなく、歯とお口全体の健康のために定期健診をおすすめしています。